北湖の蜃気楼

デジカメ画像提供&HP作成  琵琶湖地域環境教育研究会 松井 一幸

まず地形を確認しよう 観測地図(北小松からの距離)(琵琶湖中央部・南部) (琵琶湖全域)   定点観測ポイント
北小松からの実景を確認しよう[2002.4.4.]  概要) 定点から見る琵琶湖の眺め  詳細1) 堅田・琵琶湖大橋・守山方面
          2)守山・野洲 3)長命寺 3)近江八幡 4)沖島 5)愛知川 6)荒神山 7)彦根 8)伊吹山
上位蜃気楼 春先から初夏にかけて発生します。珍しい蜃気楼で多彩に変化します。
113)2017年6月09日(金) 北小松から琵琶湖大橋方面の超小型上位蜃気楼変化を確認
112)2017年5月30日(火) ヘイズで見にくいが琵琶湖大橋付近の上位蜃気楼変化を確認
111)2017年5月22日(月) 琵琶湖大橋付近のみ上位蜃気楼変化が出現 …観測目線高度依存性を探る…
110)2017年5月21日(日) 午後4時頃、長浜方面にのみ上位蜃気楼を確認、他は実景
109)2017年5月20日(土) 琵琶湖大橋東詰から中央まで移動して明神崎と旧志賀町方面の上位蜃気楼を追う
108)2017年5月19日(金) 明神崎から北湖一帯に第1級の上位蜃気楼変化をとらえる
107)2017年5月08日(月) 正午に小松浜を訪れると黄砂で霞む琵琶湖に上位蜃気楼出現
106)2017年5月05日(金) 北小松から見る様々な場所での第1級の素晴らしい上位蜃気楼変化
105)2017年4月30日(日) 北小松から見る沖島等・琵琶湖大橋等の小さな上位蜃気楼変化
104)2017年4月21日(金) 北小松から見る沖島民家・琵琶湖大橋の上位蜃気楼変化
103)2017年4月16日(日) 北小松から見る沖島民家・大同川樋門の上位蜃気楼変化
102)2017年4月14日(金) 北小松から見る琵琶湖大橋の上位蜃気楼・・・視程が非常に悪い
101)2017年4月04日(火) 北小松から琵琶湖大橋の上位蜃気楼を観測
100)2017年3月05日(日) 高島市今津町南浜から長浜方面に湖面蜃気楼を観測
99)2016年5月23日(月) 明神崎・小松浜から琵琶湖大橋の上位蜃気楼変化を観測
98)2016年5月22日(日) 北小松から琵琶湖大橋の上位蜃気楼を観測・中央部のみ変化して終息
97)2016年5月19日(木) 北小松から琵琶湖大橋の上位蜃気楼を観測・観測目線の高さ依存性を探る。
96)2016年5月18日(水) 南湖のなぎさ公園から琵琶湖大橋の小規模上位蜃気楼を観測。
95)2016年5月15日(日) 富山県魚津市の湖岸から初めて富山市湖岸の上位蜃気楼を観測。
94)2016年5月13日(金) 北小松から琵琶湖大橋や彦根方面の上位蜃気楼を観測。
93)2016年5月02日(月) 野洲市菖蒲の湖岸道路から沖島東の湖面に上位蜃気楼を観測。
92)2016年5月01日(日) 明神崎・小松浜から琵琶湖大橋の上位蜃気楼変化を観測。
91)2016年4月30日(土) 北小松から琵琶湖大橋や米原・彦根方面の上位蜃気楼を観測。
90)2016年4月26日(火) 明神崎から今日も琵琶湖大橋の上位蜃気楼をとらえる。
89)2016年4月25日(月) 黄砂で視界が悪い中、小松浜から琵琶湖大橋の上位蜃気楼をとらえる。
88)2016年4月23日(土) 明神崎から小さな変化の上位蜃気楼を観測。
87)2016年4月16日(土) 明神崎や北小松から稀に見る素晴らしい上位蜃気楼を観測。
86)2016年4月06日(水) 夕方明神崎や北小松から沖島や琵琶湖大橋に上位蜃気楼を観測。
85)2016年3月17日(木) 午後に琵琶湖北湖で広範囲に湖面付近の変化が顕著な上位蜃気楼を観測。
84)2016年3月07日(月) 午後3時半頃に小松浜から琵琶湖大橋方面に今季初の上位蜃気楼を確認。
83)2015年5月29日(金) 写真:琵琶湖大橋東側(左)にダラダラ型上位蜃気楼を確認。
82)2015年5月27日(水) 写真1写真2。なぎさ公園と北小松浜から上位蜃気楼変化を捉える。
81)2015年5月14日(木) 北東風が吹く中、午後1時頃に琵琶湖大橋に大きな上位蜃気楼変化。
80)2015年5月06日(水) 午後4時頃に小松浜から琵琶湖大橋や対岸を観ると上位蜃気楼変化。
79)2015年5月02日(土) 東近江市栗見新田湖岸から長浜方面に板塀状上位蜃気楼を確認。
78)2015年4月30日(木) 小松浜から琵琶湖大橋方面の上位蜃気楼変化を追う …串刺橋脚台…。
77)2015年4月22日(水) 野洲市菖蒲漁港付近から見る萩の浜・小松・近江舞子方面は上位蜃気楼。
76)2015年4月02日(木) 彦根方面以北で大規模な上位蜃気楼変化がすでに起きていた。能登川以南では確認できず。
75)2015年3月27日(金) 琵琶湖大橋方面で大規模な上位蜃気楼が発生。長浜・彦根でも確認。
74)2015年3月17日(火) 午後から視界が少し回復。琵琶湖大橋は両橋桁に上位蜃気楼を確認。
73)2015年3月16日(月) 午後から視界が良くなり琵琶湖大橋東側橋桁に上位蜃気楼を確認。
72)2014年5月29日(木) 快晴で気温が上昇。視界はやや悪いが琵琶湖大橋方面に上位蜃気楼を確認。
71)2014年5月27日(火) 気温が上昇。視界が悪いが琵琶湖大橋に上位と下位の共存する蜃気楼を確認。
70)2014年5月25日(日) 晴れ間も見られ気温が上昇。視界は悪いが小松浜からは琵琶湖大橋に上位蜃気楼変化を確認。
69)2014年5月24日(土) 穏やかな良い天気に恵まれ気温が上昇。高島市近江白浜から上位蜃気楼を確認。
68)2014年5月19日(月) 視界が素晴らしく良好で気温が上昇。琵琶湖北湖一帯に最高ランクの上位蜃気楼が長時間出現。
67)2014年5月11日(日) 移動性高気圧に覆われ快晴で気温が上昇。琵琶湖北湖は一帯で超一級の上位蜃気楼が出現。
66)2014年5月07日(水) 南寄りの移動性高気圧に覆われ快晴で気温が上昇。今浜や琵琶湖大橋、堅田方面が変化。
65)2014年5月04日(日) 移動性高気圧に覆われ快晴で気温が上昇。対岸で板塀蜃気楼や湖面蜃気楼が現れる。琵琶湖大橋も変化。
64)2014年4月27日(日) 終日快晴に恵まれ気温が上昇。野洲・守山・琵琶湖大橋・堅田方面が板塀状蜃気楼。
63)2014年4月25日(金) 終日快晴に恵まれ気温が上昇。北湖では至る所で上位蜃気楼が出現。境界層の下降による典型的な変化。
62)2014年4月24日(木) 終日快晴に恵まれ気温が上昇。能登川以北で板塀状の上位蜃気楼を観測。琵琶湖大橋は橋脚台が姿を見せる。
61)2014年4月15日(火) 終日快晴に恵まれ気温が上昇。風も弱く午後に上位蜃気楼が出現した。野洲の対岸も強い板塀状になった。
60)2014年4月13日(日) 午後は全天雲に覆われ気温はあまり上昇しなかったが、ほぼ無風状態が続き、下位→共存→上位蜃気楼へとゆっくり変化した
59)2014年4月03日(木) 快晴で午前中から気温が上昇。視界は少し霞み気味であったが北湖では多彩な上位蜃気楼が見られた
58)2014年4月01日(火) 視界は抜群。快晴で気温が上昇。午後3時頃琵琶湖大橋方面に上位蜃気楼が出現。弱い下位蜃気楼と初めは共存
57)2013年5月31日(金) 快晴で気温が上昇、湖面は穏やか。午後2時過ぎに琵琶湖大橋方面に上位蜃気楼が出現
56)2013年5月14日(火) 快晴で風弱く、気温がぐんぐん上昇。午後に北湖全域に多彩な上位蜃気楼が出現。野洲・琵琶湖大橋方面から始まり、彦根、沖島方面へ
55)2013年5月10日(金) 曇り空ながら、沖島・能登川方面に多彩な上位蜃気楼が出現。琵琶湖大橋は小さな変化
54)2013年4月29日(月) 朝から気温がぐんぐん上昇し、昼過ぎに対岸や琵琶湖大橋方面に多彩な上位蜃気楼が出現した
53)2013年3月16日(土) 早朝は放射冷却で冷え込んだが日中は気温が上昇。琵琶湖大橋には小規模の上位蜃気楼が出現した
52)2013年2月28日(木) 高気圧が広く西日本を覆い、終日快晴で穏やかな天気。気温が上昇。琵琶湖大橋で上位蜃気楼が現れる
51)2012年4月29日(日) 視界が悪いが、昨日に引き続いて琵琶湖大橋方面が上位蜃気楼に変化。
50)2012年4月28日(土) ゴールデンウィーク初日の穏やかな視界の良い好天の日。北湖に複雑な上位蜃気楼が現れる
49)2012年4月15日(日) 穏やかな午後の琵琶湖 琵琶湖大橋方面が上位蜃気楼(両端Z型) 小松浜から眺める
48)2011年5月 7日(土) 春になっても低温傾向が続いていたが、暖かい快晴の1日となり夕方に小松浜では今年初めての上位蜃気楼を観測した
47)2010年5月16日(日) 暖かい1日となり、午後には小松浜や明神崎から北湖の上位蜃気楼を観測した
46)2010年5月 8日(土) 早朝には逆転層の薄い層 小松浜朝の琵琶湖大橋は橋脚台が奇妙な反転像
45)2010年5月 5日(水) 南湖東部の守山市木浜町湖岸(地点A)・草津市志那町湖岸(地点B)から初めてとらえた上位蜃気楼
44)2010年5月 3日(月) 北小松滝川河口から北湖の上位蜃気楼ををとらえる -琵琶湖大橋と能登川方面の変化を追う-
43)2010年4月10日(土) 小松浜から北湖中央以南で繰り広げられた多彩な上位蜃気楼の変化を追う
42)2009年5月10日(日) 北小松滝川河口から今日は短時間の観測 -能登川・沖島方面に上位蜃気楼-
41)2009年5月 9日(土) 北小松滝川河口から長時間・広範囲に渡り上位蜃気楼を捉える
40)2009年5月 2日(土) 愛知川河口から湖西方面に奇妙な湖面の変化が -上位蜃気楼を捉える-
39)2009年4月19日(日) 北小松滝川河口から対岸の能登川・新海浜・薩摩方面に板塀状上位蜃気楼を観測
38)2009年4月18日(土) 今津・船木崎・近江白浜・大溝橋・白鬚浜・明神崎から上位蜃気楼を追う
37)2009年4月12日(日) 小松浜から眺める沖島、野洲、琵琶湖大橋方面の上位蜃気楼 -糸状に消えた琵琶湖大橋-
36)2009年3月21日(土) 高島市明神崎から琵琶湖大橋方面に多彩な上位蜃気楼を観測
35)2009年2月15日(日) 小松浜から弱い上位蜃気楼を観測
34)2008年6月 1日(日) 南湖から上位蜃気楼が観られる時の琵琶湖大橋付近からの様子
33)2008年5月22日(木) ヘイズが強い中、小松浜から琵琶湖大橋に大型の上位蜃気楼を観測
32)2008年5月 6日(火) 小松浜では実景から上位蜃気楼(フーチング)
31)2008年4月13日(日) 小松-比良-木戸-和邇-琵琶湖大橋から北湖南部で上位蜃気楼を観測(北部は認められず)
30)2008年4月 5日(土) 小松浜からスケールの大きい上位蜃気楼を観測
29)2007年5月21日(月) 小松浜では終息直前の多彩な上位蜃気楼を観測 -琵琶湖大橋→南湖、真野→北湖は上位蜃気楼認められず-
28)2007年5月12日(土) 小松浜では午後に多彩な上位蜃気楼を観測 -視界はまずまず。沖島の変化は圧巻-
27)2007年4月30日(月) 今日も昨日に引き続き小松浜では午後に上位蜃気楼が発生 -今日は南湖での発生も正午頃にあった-
26)2007年4月29日(日) 午後3時半過ぎから小松浜ではスケールの大きい上位蜃気楼を観測 -今日は南湖での発生はなかったという-
25)2007年3月 3日(土) 小松浜から初めて下位蜃気楼と上位蜃気楼が共存する琵琶湖大橋を観測。
24)2005年5月20日(金) 早朝から北湖湖面上に逆転層が存在。午後に高島市明神崎、大津市真野、大津市なぎさ公園で上位蜃気楼を観測。
23)2005年4月 9日(土) 今年初めて小松浜から観測する琵琶湖大橋の上位蜃気楼(ヘイズが強いながらも多彩な変化をとらえる)
22)2004年4月10日(土) 彦根市石寺町湖岸から彦根プリンスホテル方面に上位蜃気楼を観測(湖東で初めて記録に成功)
21)2004年3月28日(日) 小松浜から圧巻の上位蜃気楼を観測 (長浜→沖島→琵琶湖大橋へと変化
20)2003年5月18日(日) 小松浜から見る上位蜃気楼 -ヘイズで視程悪し-
19)2003年5月 5日(月) 小松浜から琵琶湖大橋の1日の変化を追う 下位→実景→上位蜃気楼
18)2003年5月 2日(金) 船木崎から初めてとらえた多景島・沖の白石・荒神山方面の上位蜃気楼
17)2003年4月17日(木) 小松浜はカミからの強い風と波 -琵琶湖大橋は上位蜃気楼気味-
16)2003年3月23日(日) 大津市なぎさ公園から見た琵琶湖大橋と明神崎方面の上位蜃気楼
15)2003年2月10日(月) 今津から今年初めて上位蜃気楼を観察 -多彩な変化を見せる-
14)2002年7月7日(日)8日(月) 琵琶湖大橋の橋脚台が見えた(footing)
13)2002年7月 3日(水) 沖の白石、多景島方面が板塀状化(今津町南浜)
12)2002年7月 2日(火) 琵琶湖大橋の橋脚台がこれまでになくよく見えた(北小松、近江白浜、船木崎)
11)2002年5月13日(月) 下位と上位蜃気楼(太い眉毛状)の琵琶湖大橋
10)2002年5月12日(日) 上位蜃気楼気味の琵琶湖大橋
9)2002年4月22日(月) 大津市なぎさ公園から見た南湖の上位蜃気楼  参考)なぎさ公園からの琵琶湖の眺め
8)2002年4月19日(金) 今津から初めて上位蜃気楼を観測  参考)今津からの観測地図と琵琶湖の眺め
7)2002年4月14日(日) 対岸の建物が伸びる(大中方面の様子)
6)2002年4月 7日(日) 明神崎から初めて上位蜃気楼を観測  詳細)時間的空間的変化
5)2002年4月 6日(土) 明神崎以北が板塀状に変化(琵琶湖大橋から観察)   参考)船木方面の実景(2001.8.29.)
4)2002年4月 3日(水) 堅田・守山方面が板塀状に変化
3)2002年3月28日(木) 琵琶湖大橋東部が変化
2)2002年3月26日(火) また違ったダイナミックな変化をとらえる
1)2001年5月13日(日) 素晴らしい上位蜃気楼を初めて記録する

下位蜃気楼 1年を通してよく見られます。単純な蜃気楼です。2001.8.15.以来毎日続けている調査結果公表予定。
※)下位蜃気楼は四季を通して寒い日に現れ、珍しい蜃気楼ではないので、以後は観察していても掲載はしていません
30)2003年 4月22日(火) 放射冷却で下位蜃気楼の琵琶湖大橋
29)2003年 4月10日(木)&11日(金) 花冷え寒波で琵琶湖は下位蜃気楼
28)2003年 3月21日(金) 高気圧に覆われ気温が上昇するも琵琶湖は下位蜃気楼
27)2003年 3月14日(金) 湖風が吹く北湖を木津から眺める -弱い下位蜃気楼-
26)2003年 3月 5日(水) 小松浜から観る雪が積もる対岸の下位蜃気楼
25)2003年 2月 3日(月) 小松浜から観る下位蜃気楼の琵琶湖大橋と沖曳き漁船
24)2003年 1月29日(水) 冷え込んだ朝に北小松から観る下位蜃気楼の琵琶湖大橋
23)2003年 1月22日(水) 小松浜から観る琵琶湖大橋と近江舞子沖の漁船と波が作る下位蜃気楼
22)2003年 1月 9日(木) 明神崎から眺める下位蜃気楼の沖の白石、多景島
21)2003年 1月 5日(日) ニシビアラシが吹く小松浜から眺める顕著な下位蜃気楼の琵琶湖大橋
20)2002年12月14日(土) 小松浜から眺める顕著な下位蜃気楼
19)2002年12月5日(木)~7日(土) 志賀町北小松から見る3日間の琵琶湖大橋の変化
18)2002年11月27日(水) 第1級のヒアラシが吹く中を小松浜から見る下位蜃気楼の琵琶湖大橋
17)2002年10月30日(水) 連日の下位蜃気楼の中をエリに向かう一艘の船
16)2002年10月29日(火) ヒアラシが吹く小松浜から下位蜃気楼の琵琶湖大橋を目線の高さを変えて眺める
15)2002年10月27日(日) 和邇より下位蜃気楼の明神崎、竹生島、湖北方面を眺める
14)2002年10月23日(水) 琵琶湖大橋の著しい下位蜃気楼を目線を変えて小松浜から眺める
13)2002年10月22日(火) 明神崎から眺める琵琶湖大橋 石段を降りながら目線を変えて眺める
12)2002年10月16日(水) 志賀町北小松 琵琶湖大橋 実景-下位蜃気楼比較
11)2002年 9月14日(土) 気温の低下で出現した強い下位蜃気楼
10)2002年 9月 1日(日) 台風15号が朝鮮半島から日本海へ抜けた日の琵琶湖大橋 -ほぼ実景-
9)2002年 8月14日(水) 志賀町北小松 夕立が去った直後の下位蜃気楼
8)2002年 8月14日(水) 志賀町北小松 下位蜃気楼の琵琶湖大橋を目線を変えて追いかける
7)2002年 6月23日(日) 志賀町北小松鎧岩北から眺める夕陽に映える湖東の下位蜃気楼
6)2002年 6月 9日(日) 志賀町北小松小松浜から眺める澄み切った琵琶湖大橋の下位蜃気楼
5)2001年 8月 7日(火) 志賀町北小松小松浜から見る琵琶湖大橋下位蜃気楼
4)2000年 9月27日(水) 高島町鵜川・新旭町木津から見る下位蜃気楼
3)2000年 2月17日(木) 野洲河口から見た映える比良山系 -湖岸付近に弱い下位蜃気楼出現-
2)2000年 1月22日(土) 下位蜃気楼出現
  (2001/5/13)&(2000/1/22)比較 上位・下位蜃気楼比較
1)1999年11月27日(土) 下位蜃気楼出現

2001.8.15.以来、デジタルカメラ(OLYMPUS C-2100 Ultra Optical 10x Zoom) で毎日定点観測を続けています。
2007.7以降は、デジタルカメラ(PENTAX K10D)(TAMRON 18-200mm 及び SIGMA 135-400mmレンズ) で観測しています。
特に琵琶湖大橋の姿の継続的な観察を重視しています。北小松からの調査結果は、公表する予定でいます。
上位蜃気楼(superior mirage)はダイナミックかつ多彩に変化し、観察する者の感動を呼びます。まさに獅子座流星群の世界です。
下位蜃気楼(inferior mirage)は単調ですが、「折り畳み線(fold line)から湖面までの幅が観測する高さに依存しない」という経験則を見つけています。
2013.10.04以降は、デジタルカメラ(SONY α65)(18-55mm 及び 75-300mmレンズ) で観測しています。
デジタルカメラの向上と共に蜃気楼の形態が詳しく把握でき、下位・上位蜃気楼の理論的な証明を公開するに到りました。

前に戻る