■琵琶湖の風のいろいろ
 琵琶湖には「湖陸風(湖風・陸風)」と呼ばれる風があります。  また漁師さんたちが湖上を吹く風に「ヒアラシ」や「ヒラオロシ」などと名前をつけ、 漁の具合を予測したり天気の移り変わりを察知されているというお話を知り、 琵琶湖ではどのような風が吹いているのかを分析・調査したいと思ったのがビワコダスの はじまりです。

・湖陸風
 大きな湖ならではの風、湖陸風は比較的風の弱い日に顕著に現れます。夜間は陸から湖へ、昼間は陸から湖へ風が吹きます。
 陸風 夜は陸の方が湖よりも早く冷えるので、冷たい方から暖かい方へ、陸から湖へ風が収束します。
 湖風 昼は陸の方が早く暖まるので湖を中心に発散するような風になります。
 詳しくはこちら(pdfファイル)をご覧下さい。

・台風
 滋賀県を台風が通過するとき、琵琶湖周辺の風はどうなるでしょうか。 
 詳しくはこちら(pdfファイル)をご覧下さい。

・ヒアラシ
 冬の季節風といえば北西風、というのが一般的ですが、滋賀県北部では西または西北西の風だが、 南部では南西の風となるような日。このような風を湖西や沖島では、昔から「ヒアラシ」と呼んで・・・
 詳しくはこちら(pdfファイル)をご覧下さい。

・ヒラオロシ
 比良山系からのオロシ風で、比良八荒が有名。
 詳しくはこちら(pdfファイル)をご覧下さい。

・その他
 地元の人は琵琶湖の風にそれぞれ名前をつけて呼び、風についてのさまざまな伝承が残っています。 そのような伝承について、民俗学的な立場からの聞き取り調査もやっています。
 詳しくはこちら(pdfファイル)をご覧下さい。

・琵琶湖の気象についての参考資料
琵琶湖の風についての論考は、ビワコダス研究会のメンバーである滋賀大学・遠藤修一さんの 琵琶湖上の風の分布(滋賀大学教育学部ホームページの該当部分)や、 日本気象協会の武田栄夫さんの 滋賀県の気候:風と雪を中心として(pdfファイル)などがあります。また、松井一幸さんの 琵琶湖で伝承されてきた風の調査とその科学的考察があります。


 上記で(pdfファイル)とした部分は、琵琶湖博物館研究調査報告書第14号の該当ページにリンクします。
 pdfファイルをご覧になるには、Acrobat Reader 日本語版 が必要です。
 以下のサイトからダウンロードできます。 http://www.adobe.co.jp/
(編集 佐本泉/中藤教子(ERI), July 31, 1999)
参照のしかたが適当でないと思われるリンクがありましたらwebmaster@eri.co.jpまで、ご連絡ください。